10万円の行方

FX初心者が10万円を運用してみる日記

カテゴリ:新FX日記

元手10万円でFXをやってみる日記、新シリーズ32日目。

取引は日本時間の午前8:30~11:30まで、一日あたりおよそ3時間です。自動FX(ミラートレード)とトラリピは24時間ずっと稼動させ、AM11:30時点の評価損益で集計します。


32日目の結果は

手動FX +465円

自動FX -6196円
バイナリーオプション +34500円
トラリピ +12746円
合計 +41515円

14082201

14082202

USD/JPYは今日も103円台後半で高止まりしたまま。104円を突破されると、トラリピはロスカット発動で損失が確定してしまいます。なんとか一度、103円付近に戻ってもらいたいものです。落ち着かなくて、暇さえあれば何度も相場をチェックしてしまいます。
 

元手10万円でFXをやってみる日記、新シリーズ31日目。

取引は日本時間の午前8:30~11:30まで、一日あたりおよそ3時間です。自動FX(ミラートレード)とトラリピは24時間ずっと稼動させ、AM11:30時点の評価損益で集計します。


31日目の結果は

手動FX +344円

自動FX +5811円
バイナリーオプション +40400円
トラリピ -41898円
合計 +4657円

14082101

14082102
月~水曜までお休みをいただいて、リフレッシュしてきました。本日よりデイトレード再開です。

USD/JPYは102円台後半から104円付近に駆け上がる展開。

トラリピは102.50円~104.00円にかけて売り指値を仕掛けていたので、たっぷり含み損となりました。ギリギリ想定内で踏みとどまってくれますが、これ以上円安が進むと証拠金不足で自動ロスカットになるかも。103円付近まで戻ってくれると有り難いのですが・・・。
 

元手10万円でFXをやってみる日記、新シリーズ27日目。

取引は日本時間の午前8:30~11:30まで、一日あたりおよそ3時間です。自動FX(ミラートレード)とトラリピは24時間ずっと稼動させ、AM11:30時点の評価損益で集計します。


27日目の結果は

手動FX +835円

自動FX -2179円
バイナリーオプション +14000円
トラリピ +930円
合計 +13586円

14081501

14081502

方向感に乏しく同じ値幅で行ったり来たりする展開。一目均衡表の雲と1時間足の52MAが陽性なのをを頼りに買いポジでチマチマと勝ちました。もっと大胆にバイナリーしても良かったなと思うのですが、ここの所の負けパターンがトラウマになって臆病になっています。明確なサインも点灯しませんでしたしね。

自動FX(ミラートレード)のストラテジー『Adaptive System』は・・・。一向に損切りしないけど、一体どこへ向かうのだろう。ストラテジー切り替えのタイミングも失って、もはや諦めの境地です。テコ入れも面倒だから自力で這い上がってくれ。


元手10万円でFXをやってみる日記、新シリーズ26日目。

取引は日本時間の午前8:30~11:30まで、一日あたりおよそ3時間です。自動FX(ミラートレード)とトラリピは24時間ずっと稼動させ、AM11:30時点の評価損益で集計します。


26日目の結果は

手動FX +486円

自動FX -3584円
バイナリーオプション -70000円
トラリピ +1790円
合計 -71308円
    
14081401

14081402

AM10時前後の力強い円安ドル高の展開に音をあげて、バイナリーは損切りの連続。大きな損失を出してしまいました。なかなか40万円から先に進めません。

一方のトラリピは先週からの買いポジションを一掃してスッキリしました。今後も円安が続くようなら、仕掛けている売りポジションの出番となります。急激に進行しても困るので、102円台後半をウロウロしてくれると嬉しいな。
 

元手10万円でFXをやってみる日記、新シリーズ25日目。

取引は日本時間の午前8:30~11:30まで、一日あたりおよそ3時間です。自動FX(ミラートレード)とトラリピは24時間ずっと稼動させ、AM11:30時点の評価損益で集計します。


25日目の結果は

手動FX +4592円

自動FX -3143円
バイナリーオプション +42600円
トラリピ -2094円
合計 +41955円

14081301

14081302
 
 
今日も日本時間の午前中は平穏で、絶好のバイナリー日和でした。イラク情勢やエボラ出血熱、大事故などのニュースが怖いので取引中はチェックを欠かさないようにしています。 何事もなければ、お盆の間は緩い調子でいてくれそうです。

 

このページのトップヘ