4つの異なるFXにそれぞれ10万円ずつ振込み、運用実績をグラフにしていきます。手動とバイナリーの取引時間は朝9:00頃から昼12:20まで3時間程度。シストレとトラリピは24時間運転で、毎日少しずつ設定を見直していこうと思います。結果はすべて12:30時点での未決済を含む評価額です。 

2015年03月20日の結果
手動FX +2111円
自動FX +29294円
バイナリ +8600円
トラリピ -5252円

150320
 
シストレは一昨日から 
Taiyo(NZD/USD)のままですが、一時的にマイナス3万円以上を記録した後もポジションを保持し続け、値を戻してから決済し、結果オーライにしてしまいました。実力?マグレ?モヤっとした不信感がぬぐえませんが、せっかくなのでもうしばらく信頼して任せてみましょう。 


 150320g

USD/JPYの3/18~3/20の一時間足です。

イエレン議長の発言から「忍耐強く」の文言が削除されたことから、アメリカの利上げ予測が遠のき、未明にかけて一気に下落。その後、日本時間で午前9:00から本格的な反発が始まり、終日続きました。

上昇傾向がようやく陰るのが翌日の午前3時。 なんと19時間も続いています。そのどこかで売りポジションのまま塩漬けになったと想像するとゾッとします。きっと値動きが気になって日常生活に支障がでることでしょう。小さな怪我で済んで本当によかった。

FOMCなどで大きな騰落があった翌日には、一方通行の調整が入り、これが長時間続きます。(株で言うところの窓埋め?) 流れに乗ることが大事ですが、もし判断を誤って逆方向に建ててしまった場合には、早めの損切りが鍵を握ります。このパターンに何度やられたことか。次は負けない!