10万円の行方

FX初心者が10万円を運用してみる日記

USD/JPYの1時間足。

tc06

寝ている間に一目均衡表の雲を突き抜けちゃっていました。

1時間足で雲陽性、5分足で雲陽性、雲の重なり合った部分で弾かれたので「鉄板パターンだ!」と自信を持ってエントリーしたんですが・・・。

ご覧の通り、基準線と転換線で囲まれたリアルタイム雲に最後まで勝てず、ジワジワと押し下げられています。なるほど、通常雲はリアル雲に負ける事があるんだな。この形は覚えておこう。


一方バイナリーの方は絶好調で、元手5000円が一気に10万円を突破しました。

ss13

やり方は1時間足の分厚い雲に食い込んだら逆張りするだけ。分厚い雲が身近にある時だけの限定的な手法になります。手法といってもラッキーが続いただけのような気もするけど。

10m14

手動FXは昨晩の逆指値でマイナス5235円、バイナリーでプラス130000円、手動の実績をあっという間に超えてしまいました。初心者がビギナーズラックでギャンブルに嵌る悪いパターンのフラグかもしれません。

バイナリーは何度やっても心臓に悪いので、資金に余裕ができれば足を洗って安定的に数字が出せるシストレに移行したいな。

一目均衡表の通常の雲と転換線と基準線が作るリアルタイム雲、5分足と1時間足のチャートで組み合わせて、計4つの雲でトレードを始めたんですが、よく見ると30分足の雲も重要な抵抗線を作っているんですね。

5分足、1時間足が離れて頼りにならない時は30分足を頼りにしてみる事にしました。


tc05

図の①は1時間足の通常雲、②は転換線と基準線で囲まれたリアルタイム雲の1時間足。チャート自体は30分足です。最後の2~3時間は1時間足の強力な抵抗に阻まれて、30分足雲のなかで窮屈そうに動いていました。

この後下がるのか上がるのかまでは分かりませんが、とりあえず目安として使えそうですし、短期的な動きが分かればバイナリーなどに活用できそうです。今後は30分足も頼りにしていこうと思います。


10m13

成績はバイナリーで一進一退、手動の方はいいポジションが取れたので、生まれて初めて持ち越ししてみます。念のため逆指値を入れて、と。明日の朝が楽しみ~♪

一般的な一目均衡表の使い方ではなく、有名FXトレーダーのアンディさんの「もぐらトレード」に登場するダブル雲の使い方を参考に試行錯誤中です。

アンディ流_秘技[もぐらトレード]で大爆発

このサイトを参考に1時間足と5分足の一目均衡表(雲)を使ってこの二日間トレードしてみて、多少の成功はあったのですが、疑問も湧いてきました。

文中では「逆張りの順張り」「順張りの逆張り」という表現で押し目買いのポイントが見つかるとなっている訳ですが、普通の先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分ではロウソク足の実体と離れ過ぎている事が多く、一時間足に接触する場面は一日に一度か二度程しかありません。

tc05

これではチャンスが少なすぎるんじゃないか?何かもう一つ(私が)見落としている気がします。

実際にダブル雲を使っておられる方のチャートを見ると、ロウソク足の実体にかなり近い。雲を左にずらしてくっつけて使っているようです。どうすればこのようなチャートになるのでしょうか?

カスタマイズの自由度が人気の無料チャート「MT4」が推奨になっていますが、アンディさんの提供するダブル雲を備えたMT4用インジケータは有料(¥21000)となっています。これを買わなきゃダメなんだろうか?


tc04

試しにDMM.FXのプレミアチャート(無料)の一目均衡表に標準でついてくる転換線と基準線の色を変え、線を太くしてみました。この二つのラインに囲まれた雲、仮にリアルタイム雲とすると、抵抗線としてかなり頼りになるのが分かります。上の図では普通の雲では分からなかった値上がりするポイントを一箇所、下げ止まるポイントの目安を提供してくれています。

このリアルタイム雲と通常の雲の1時間足、別画面にて5分足、計4つの雲を参考にトレードしてみようと思います。ダブル雲ならぬクアドラ雲?雲カルテッド?

具体的な動きは、

・上昇相場で1時間足の通常雲が分厚い場合、ロウソクが雲の上で弾かれた時点で5分足の雲が陽性ならエントリー。5分足の雲が陰性なら陽転を待ってエントリー。

・さらにリアルタイム雲も分厚い場合、リアルタイム雲の5分足と1時間足だけで同じ操作を行う。ただし、あくまで全体が上昇相場なのが前提で、通常雲の1時間足が陰性の場合は様子を見る。

・利益確定or損切りの目安は5分足の通常雲の陰転。ただし保険として小まめに逆指値を更新しておく。

・下落相場では真逆の操作となる。

こんなところでしょうか。そもそも一目均衡表、転換線、基準線が何なのかよく分かっていないので、もぐらトレードの劣化版といった感じです。この自分ルールに沿った形で昨日の教訓、「上昇相場ではどんなに下げそうでも売りポジションを取らない。下落相場では買いポジションを取らない。」を徹底します。

リバウンドは一見おいしそうだし、これまでも一番得意にしてきた手法なんですが、たくさん勝って得られる収益より、一度の失敗での損失の方が上回ってしまっていました。ここは一度すっぱり諦め、雲トレーダーとして再出発してみようと思います。

バイナリーオプションで負け越してしまいました。

¥15000のマイナス。

典型的な負けパターンを記録しておきましょう。

USD/JPY 1分足
tc12

図の場所ではピョコっと出てきた頭が高値を更新しなかったので、やや下げると安心して売りにエントリー。見事に騙しでした。

買いのタイミングを逃したのが悔しくて冷静さを欠いていました。「いつ下げるんだ」と待ち続けていたため、はなから下げると決めてかかっていたのです。

考えうる対策としては

大きなトレンドに逆らわない

ということ。この場合は1時間足の一目均衡表が陽性の分厚い雲を形成していました。5分足も薄っぺらいながら陽性。ロウソク足の実体とはかなり距離がある状態でしたが、全体のトレンドは上昇相場といえます。

これからは「上昇相場ではどんなに下げそうでも売りにエントリーしない」を徹底しようと思います。下落相場では逆です。チャンスは少なくなり、忍耐が必要になりますが、「上昇相場では買いポジで押し目を狙う」を徹底してみて、勝率が上がれば自分ルールにしようと思います。

うすうす思ってはいたけどこれまで守れていなかったルール、何度もブログで反省すれば治るかな・・・。

10m12

どうやらDMM.FXからの出金は月曜日になるらしい。うーん暇だな。

という訳で、余剰金の¥5000で遊んでみることにしました。
話題のバイナリーオプションに初挑戦です。
パチンコで負けたと思えば惜しくない!


ss10


勝っちゃったよ 予想外に

こんなに簡単に勝ってしまうと、真面目にコツコツやるのが馬鹿らしくなってくるから恐ろしいです。これは程々にしておかないと、人間がダメになるかも・・・。

口座は新しく開設したFXトレードフィナンシャルです。

キャッシュバックキャンペーンの¥5000は最初の取引ですぐにもらえました。¥4000、¥8000×2とキャッシュバックの¥5000で計25000のプラスです。

10m10

バイナリーの方が割が良さそうですが、調子にのるとすべてパーになりそうなので、ダブル雲などを利用して堅いところでのみ勝負しようと思います。シストレも面白そうだなー。